「ぴあのどりーむ3」教本、合格もらって大喜び!次の教本もやる気満々の小学3年生のHちゃん

レッスンブログ

 

小学3年生のHちゃん、レッスンに来て早々、パッとレッスン帳を出しました。見せてもらうと
今日の日付のところに練習した証のシールが貼ってありました。

 

「Hちゃん、今日来る前に練習してきたってことやよね?」と聞くと

「うん、そう。練習してきたよ!」

「うわぁ!レッスンに来る前に練習してくるなんて先生めっちゃ嬉しいわぁ〜」と言うと
テレてるHちゃん(笑)

保護者の方に言われたわけでもなく、ましてや私が言ったわけでもないんですが、自ら
「レッスン前に練習してからレッスンを受ける!」が出来たHちゃん✨✨✨

練習に気合いが入っていたのには、訳が!
「今日のレッスンでは、(ぴあのどりーむ3)教本の最後の曲を絶対に合格したい!!」の想いが強かったようです。
この本を終えると、新しい教本へ進めるからなんですね。

「せんせー、今日は先に こっち(ぴあのどりーむ3)から弾いていい??」

「うん、もちろん!!」

深呼吸してから、弾き始めました🎶
先週、「むずかし〜ぃ!!出来な〜ぃ」と 苦戦していたのに、そんなことを微塵も感じさせない演奏をしてくれましたよ。

スタッカート(短く切って弾く奏法)もキレイに弾けていたし、ミスタッチもありませんでした✨

「すっごい上手に弾けたやん!今日、花丸ッ!💮
先週、苦戦してたからもう少しかかるかなぁと思ってたけど、1週間頑張ってきたんやね!」

「やった〜〜ぁ!!これでこの本終わったよね!」とっても嬉しそうな顔をして喜んでました。
努力、大切だね✨

そして、「ぴあのどりーむ4」の教本を渡すと

「わぁーー難しそう💦」
と最後の方のページをめくって
呟いてます。

「Hちゃん、前にぴあのどりーむ3を渡した時も同じこと言ってたような気がするよ〜(笑)」

「え?そうやっけ?(笑)」

「最後を見たら、確かに難しそうだけど最初は…??」
と初めのページをめくると

「あ!(笑)弾けるかもー!」と言いながら ピアノの鍵盤で音を探りだしました。ポロポロ〜ン
「せんせー、これやってくるわ!」
とここでも とっても前向きな一言が出ていましたよ🥰

Hちゃんの成長を嬉しく思いました。

ピアノ上手に弾きたいな!の気持ちにスイッチが入るのは、本当に一人一人いろんな状況が重なって起こり得ることなんですよね。

音楽が好き♡ピアノ弾けるの楽しい♫の気持ちが消えないように 上達へのスイッチを入れられる先生でありたいと思っています!

 

 

 

一人ひとりのペースでスキルアップして、ピアノを弾いて楽しみませんか?

当ピアノ教室(四日市市)では、体験レッスンを行っております。

ご興味のある方、一度来てみませんか?

 

無料体験レッスン