「これね、お家でまねっこしてMちゃんが作ったのー!!」年長Mちゃんのレッスン

年長のMちゃん
 
年中さんの時から 習いに来てくれています。
Mちゃんは、レッスンにお家の大切なぬいぐるみを持ってきます。
そのぬいぐるみたち、いろんな子達がいるんです〜。
名前もあるようで毎回、私に教えてくれます。
そのぬいぐるみさんたちに、「見ててね〜!」
と声をかけ
机やピアノの上に座らせてレッスンを受けています(笑)
 
そして、Mちゃんは ここに来ると
やりたいことがたくさんあるんです。
「リズム打ち」「ゆびばんごうの競争」「ドレミマグネット」「音符カード」そしてピアノ!!
 
 
※それぞれの教材の紹介は次のページをご覧ください
 
 
 
 
 
「今日は何からしようか?」と言うと
何やら、悩みながら
「う〜ん、じゃあ(音符)カード!カードやりたい!」
と目を輝かせながら言います。
 
 
まずは、表面の音符の方を向けて並べます。
そしてMちゃん
「もうね、覚えたからね、か〜んたん!」
と得意そうに どんどんカードをめくっていき
「やったーー合ってた〜!!」
と自分で音の答え合わせをしては
ニッコリしています。
最後はめくったカードをドレミ…の順番に並べて、
「全部出来たーー!」
これでカードは終わります。
 
 
 
それが終わると「今度はね、ドレミマグネットする〜」
と五線譜ボードにマグネットをドレミ…と順番にくっつけていきます。
すると、カバンから
「これね、お家でまねっこしたんだよー。Mちゃんが作ったのー!!」
と ドレミマグネットと同じように 五線譜を書き、
その上に音も書いた紙を見せてくれました。
 

 
 
 
 
「だからね、もう簡単だよ!すぐ出来るの」と
とても嬉しそうに
手早く、マグネット並べてくれましたよ!
お家には、マグネットはないけど作って遊びながら
覚えてきてくれたんだなぁと嬉しくなりました。
 
マグネットが終わると、「次はピアノ弾く〜!!」と
Mちゃん自ら教本を持っていって
ピアノの椅子に座るんです。
 
 
小さい子には、いきなりピアノを弾かせるわけでは
なく、このような遊びを取り入れながら、
ピアノのレッスンへと繋げていっています。
 
 

当教室では ただいま生徒募集中です。

無料体験レッスンのお問合せはこちらから

無料体験レッスン